初午いなりずし

「初午」(はつうま)とは、
立春を過ぎて最初の午(うま)の日。

今年は2月11日が初午です。

和銅4年(711年)の2月の最初の午の日に、
祭神が稲荷山(伊奈利山)の三箇峰に
降りたという故事から、
稲荷神を祭る全国各地の稲荷神社で
豊作・商売繁盛・開運・家内安全を
祈願する祭事が行われるようになった
とされてます。

稲荷神のお使い役である狐の好物が
油揚げであることにあやかり、
初午の日にいなりずしを食べて
五穀豊穣や福徳を祈願する風習があります。

この機会に是非ご賞味ください!